プロ野球パ・リーグで4年ぶりの優勝を決めた北海道日本ハムの選手たちは28日、遠征中の東京都内のホテルで恒例のビールかけをし、喜びを分かち合った。

 会場には瓶ビール約3千本が用意された。大野奨太選手会長が「今夜はなまら最高だあ」とかけ声を上げると、黒色の記念Tシャツを着たナインが、もみくちゃになりながらビールをかけ合い、互いの健闘をたたえた。

 エースで打線の中軸も担う大谷翔平選手は、プロ4年目での初体験に「最高でした。(ビールで)めちゃくちゃ目が痛い」とにっこり。

 主砲の中田翔選手も「幸せです。次の目標は日本一」と心地よさそうに話した。

...    
<記事全文を読む>