優勝の瞬間を待ちかねていた選手たちが、両手を突き上げてマウンドで絶叫する大谷へ向かって走り、歓喜の輪をつくった。敵地・西武プリンスドームの右翼席を埋めた日本ハムファンの歓声に包まれ、栗山監督は8度、宙を舞った。前年王者ソフトバンクとの11・5ゲーム差をひっくり返し栄冠をつかむ姿を、誰が想像できただろうか。栗山監督の座右の銘は「夢は正夢」。球史に残る大逆転でリーグ制覇を果たし、夢をまた一つかなえた。

 6月18日の交流戦中日戦。2―3で惜敗し、ソフトバンクに今季最大の11・5ゲーム差をつけられた。絶望的な数字。だが、チームは諦めていなかった。4、5月は宮西や岡、浅間らがけがで出遅れたが、徐...    
<記事全文を読む>