プロ野球・楽天の栗原健太内野手(34)=日大山形高出=が引退するという一報を受け、高校時代の恩師と地元天童市の「応援する会」会長は、それぞれ「残念だ」「もう一花咲かせてほしかった」と惜しんだ。  日大山形高野球部監督として指導した山形市スポーツアドバイザーの渋谷良弥さん(69)=同市青田南=は「残念だ」。それでも15年以上にわたりプロで体を張った教え子に「本当によくやった、よく頑張った」とたたえる言葉。  同校1年時に放ったセンター方向への豪快なライナー本塁打、あまり語らず背中で仲間を引っ張る姿など思い出は尽きない。プロの広島入団後は厳しい練習に苦労し電話してきたこと、バットを振り込み...    
<記事全文を読む>