プロ野球パ・リーグの北海道日本ハムは28日、西武プリンスドームで西武に1―0で勝ち、4年ぶり7度目のリーグ優勝を決めた。

 2004年の北海道移転後の優勝は06、07、09、12年に次いで5度目。就任5年目の栗山英樹監督(55)は12年以来、2度目の優勝監督となった。

 日本ハムは四回、レアードのソロ本塁打で先制。先発大谷は15奪三振で1安打完封した。

 日本ハムはソフトバンクに最大11・5ゲーム差をつけられたが、6月から7月にかけて球団新記録の15連勝を飾り、一気に差を縮めた。9月21、22日のソフトバンクとの直接対決を連勝し、優勝へ勢いをつけた。

 日本ハムは10月12日から札幌ドームで行...    
<記事全文を読む>