プロ野球東北楽天の栗原健太内野手(34)が28日までに、今季限りで現役を引退する意向を固めた。球界関係者の話によると、近日中に正式発表する見通し。球団側は来季の2軍打撃コーチへの就任を打診しているという。

 2000年に日大山形高からドラフト3位で広島に入団。06年から4年連続で20本塁打以上を放つなど活躍し、09年は第2回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)日本代表にも選出された。11年には一塁手としてベストナインになった。ただ、14年以降は右肘の故障の影響もあり出場機会が減り、テスト入団した移籍1年目の今季も1軍での出場はない。

 今季2軍成績は47試合出場、打率1割8分8厘、...    
<記事全文を読む>