東北楽天は投手陣が大量失点し3連敗。先発辛島航は一回に適時打などで2点を与えると、三、四回にも各1点を失い、4回4失点で7敗目を喫した。1-4の五回は2番手長谷部康平、3番手菊池保則が計6失点し大勢が決した。打線は10安打を放ったが、四、八、九回に1点ずつ返すのがやっとだった。

 オリックスは先発松葉貴大が8回2失点で7勝目。

 オリックス-東北楽天22回戦(東北楽天11勝10敗1分け、18時、京セラドーム大阪、15,557人)東北楽天 000100011=3オリックス20116000×=10(勝)松葉28試合7勝9敗(敗)辛島13試合3勝7敗(本)T―岡田20号(3)(菊池)=5回☆イヌ...    
<記事全文を読む>