東北楽天の茂木栄五郎が大敗の中、八回に今季リーグ最多タイとなる7本目の三塁打を放ち、高梨(日本ハム)との激しい新人王争いでも存在感を示した。

 同じ6本で並んでいた西野が三回に三塁打を記録し、先を越されて迎えた八回。先頭で打席に立ち、打球が右中間を破ってフェンスへ達しそうなのを見ると、二塁を回ってもスピードを落とさず果敢に三塁を陥れた。「二塁打より三塁打の方が得点につながりやすい。一つでも先の塁を狙っている」と胸を張った。☆梨田の話ダ<茂木を見習って> 「左投手に対してもフルスイングして、常に次の塁を狙う姿勢がいい。中堅やベテランは見習わなければいけない」(八回に三塁打を放った茂木栄五郎...    
<記事全文を読む>