先発・吉川という栗山監督の勝負手は結果的に裏目に出てしまった。4年ぶりのリーグ優勝がかかった大一番を託された背番号34。8月24日以来の先発マウンドは、伏兵に浴びた痛恨の「2発」に沈んだ。

 胴上げを見ようと、右翼席を埋めた日本ハムファン。敵地とは思えない特別な雰囲気が球場を包んだ。「緊張が大きかった」と吉川。気合は空回りした。

 一回、先頭の秋山を死球で歩かせると、続く外崎への2球目。「真っすぐが甘く入った」。今季わずか本塁打1本の外崎が放った打球は左翼席に飛び込んだ。相手先発は西武のエース岸。あまりにも痛い先制点を奪われた。

 その後は立ち直ったが、落とし穴は五回2死走者なし。炭谷に、フ...    
<記事全文を読む>