六回に打線がつながった。3連続長短打に3四球を絡めて3得点。陽岱鋼の先制弾で動きだした試合の流れを一気に引き寄せた。

 「ダイさん(陽岱鋼)の本塁打の流れでいけた」と先頭の近藤が右翼線二塁打で出ると、続く大谷は「進塁打しか狙っていなかった。安打になればなおよし」と狙い通りの初球のフォークを引っ張って右前へ。二塁から代走の岡が生還して追加点を挙げると、中田も左翼線二塁打で続いた。

 ここで代わった2番手赤間の制球難を、粘りが持ち味の打線が見逃すはずがない。2死満塁として大野と中島が2者連続で押し出し四球を選び、リードを4点に広げた。

 直球の制球が良かったオリックスの先発東明に対し、四回まで得...    
<記事全文を読む>