打った瞬間、感触はばっちりだった。陽岱鋼が0―0の均衡を破る先制ソロ。流れをチームに呼び込み、「負けられない試合が続く中で、今日の勝ちはうれしい」と喜んだ。

 先頭打者として打席に入った五回。初球を狙っていた。1打席目は初球の直球を見逃してストライクを取られた。「2打席目は初球からどんどん行こうと思っていた」 変化球が真ん中に甘く入ってきたところを見逃すわけがない。左中間スタンド中段に飛び込む会心の一発に「しっかり捉えた。気持ち良かった」と充実した表情を見せた。

 脇腹痛を抱えながらも5試合連続安打と結果を残す。「痛いけど、あと1勝。全力で戦う」と力強かった。

...    
<記事全文を読む>