西武の岸孝之投手がプロ10年目のシーズンを終えようとしている。8月16日のソフトバンク戦で今季6勝目を挙げ、宮城県出身投手としては1970年の若生智男(阪神など)に続く2人目の通算100勝に到達。9月14日のロッテ戦ではプロ通算1500投球回も達成した。大きく緩いカーブを武器に、飛躍を続けるエースの歩みを振り返る。<努力を重ね魔球> 仙台市出身。2006年の仙台六大学野球春季リーグで東北学院大を35季ぶりの制覇に導いた150キロ超の右腕として、同年秋の大学生・社会人ドラフトの希望枠で西武入り。当時、大リーグレッドソックスに移籍した松坂大輔(ソフトバンク)と入れ替わりで、「松坂さんの穴を...    
<記事全文を読む>