球団初のクライマックスシリーズ(CS)に導いた横浜DeNAの筒香が自身初のタイトル、しかも2冠を射程圏内に捉えている。43本塁打、108打点はいずれもリーグトップ。レギュラーシーズン残り2試合で後続をさらに突き放せるか。

 26日にあった全体練習でのフリー打撃。横浜スタジアムの右翼席に何度も白球を突き刺した主砲の打棒に、ラミレス監督が何度もうなずく。

 「1試合に2本打てるバッター。達成できるかもしれないね」。2008年に村田(現巨人)が記録した球団最多の46本塁打まであと3本。球団レコード到達、そして更新の可能性を問われた指揮官は迷わず答えた。

 今月は絶好調だ。打率3割9分3厘、6本塁...    
<記事全文を読む>