今季、マツダスタジアムでの勝利を目にするたびに「桃栗3年、柿8年」ということわざが頭に浮かんだ。芽が出て、実がなるまでに桃と栗は3年、柿は8年を要するという。何事も成就するには、それ相応の年月が必要である。2009年に新球場が開場し、8年目。広島は本拠地の特性をつかみ、戦い方を身に付けたのである。

...    
<記事全文を読む>