横浜DeNAは25日、先発投手陣が横浜スタジアムで調整した。2位だけでなく、2001年以来の勝率5割以上を目指すシーズンも残りはヤクルトとの2試合。ヤクルト戦で防御率1・93と相性の良い今永が28日(神宮)に先発する見込みで、ルーキー左腕は「今のチーム状態はすごくいい。自分も勝ちで続いて三浦さんにつなげたい」と好投を誓った。

 今季限りでの引退を表明した三浦も休日返上で練習に参加。29日のレギュラーシーズン最終戦、本拠地での引退登板へ向けて調整し、「一日でも多くユニホームを着ていたい。引退したらいつでも休めるから」と晴れやかな表情だった。

 一方、24日の巨人戦で左太もも裏を痛めて降板した...    
<記事全文を読む>