日本ハムは、25日に札幌ドームで行われた楽天戦で、今季主催試合の観客動員数が200万人に達した。2004年の北海道移転後では初めて。

 200万人目の来場者となった富良野市の鈴木蒼大(そうた)君(10)に記念品が贈られた。五回裏終了後、家族と一緒にグラウンドに登場した鈴木君は「大谷選手が大好きで応援しています。優勝目指して頑張ってほしいです」と笑顔をみせた。

 今季の主催試合70試合目となるこの日は満員の4万1138人が来場。日本ハムナインに大声援を送り、延長サヨナラ勝ちを後押しした。主催試合の観客動員数は、30日の1試合を残し、203万7843人となった。栗山監督は「北海道はテレビ中継が...    
<記事全文を読む>