◇阪神4-1中日 阪神が4連勝。五回に上本の二塁打で3点を先制。七回には福留の適時打で1点を加えた。岩貞は適度な荒れ球で的を絞らせずに、6回2安打無失点で9勝目をマーク。中日は4連敗で19年ぶりの最下位が決まった。

 ◇  試合後のセレモニー。中日の佐々木崇夫球団社長のあいさつに罵声が重なる。「ベストを尽くしてるのか」「勝ってから言え」。本拠地での今季最終戦で、またも黒星を喫した。1995年以来のシーズン80敗で、最下位が決まった。

 阿部が五回、ゴロを捕り損ねる失策でピンチを広げた。2死満塁で先発の小笠原が走者一掃の二塁打を浴びた。勝敗を分けたプレーに、2人のルーキーがかかわっていた。

 セ...    
<記事全文を読む>