プロ野球パ・リーグで首位に立つ北海道日本ハムは25日、札幌ドームで楽天と対戦し、2―1でサヨナラ勝ちした。0―1の八回に大谷の中前適時打で追いつくと、延長十一回に先頭打者で出塁した大谷が2死三塁から暴投で生還し、決着した。2位のソフトバンクが敗れたため、優勝へのマジックは一気に二つ減り「3」となった。

...    
<記事全文を読む>