東北楽天のクライマックスシリーズ(CS)進出の可能性が消えた。昨季とほぼ同時期に事実上の終戦を迎え、これで3年連続のBクラスが決まった。

 負けられない重圧のかかるマウンドで、頼みのエースが力尽きた。先発則本は150キロ台の直球を軸に、三回まで5者連続三振を奪う圧巻の投球で無失点。最高の立ち上がりだったが、四回に暗転した。

 1死三塁で中田に強気で攻めた内角直球を左前に運ばれ、先制される。さらに2死一、二塁と続くピンチで、陽岱鋼にフルカウントから真ん中に甘く入った変化球を狙われ、左中間へ痛恨の3ラン。「四球を怖がってしまったのが、最悪の結果になった。チームの勢いを落とし、申し訳ない」 則本...    
<記事全文を読む>