マジックナンバー点灯から一夜明け、打線は小休止。楽天の先発・釜田に手を焼き、六回までわずか2安打。反撃を告げる陽の適時打は、終盤七回にようやく飛び出した。

 「1点ずつ取っていこうと思っていた。悪い流れを止めれば、いい流れが来ると思った」 二死からレアードが三塁線を破る二塁打で出塁。続く陽もカウント1―1から、福山の変化球を捉えた。鋭い打球が三遊間を突破し、楽天に一矢報いた。

 絶対に優勝したい理由がある。この日の試合前には、武田勝が引退会見を開いた。2006年に同期で入団した同士。陽は、「同期の勝さんが引退を決めた。勝さんのために優勝したい」。強い決意で、残り6試合を戦い抜くつもりだ。

 ...    
<記事全文を読む>