中島が犠打で球団タイ記録を刻んだ。初回に57個目の犠打を決めると、五回無死一、二塁でも、2球目を投前に転がし、シーズン58個目の犠打を決めた。

 「本当は一発で決めないといけない」と反省を口にするところが謙虚なこの男らしいところ。師匠と慕う田中賢が記録した球団記録に並ぶ節目の「つなぎ」だった。プロ通算「0」本塁打の数字が物語るように決して「打」に力はない。それでもラインアップから不在になることは絶対にない。

 コツコツと積み上げた価値は、歴史が証明する。田中賢が達成した2007年はリーグ優勝、宮本慎也(ヤクルト)が67犠打の日本記録を打ち立てた01年は日本一に輝いている。「僕はこれが確実に...    
<記事全文を読む>