いよいよ、天下分け目の決戦が始まる。ソフトバンク2連戦を翌日に控え、栗山監督が強い決意を口にした。

 「野球の神様がどういう差配をするかは分からない。けど、俺の実感としては『自分たちで決めなさい』と言われている気がする」 残り9試合で、首位とはゲーム差「0」で並ぶ。ペナントレース130試合以上を戦い抜きながら、激しいデッドヒートは今なお続いている。

 「最後まで、この2試合が重要であることは変わらない」。大谷、有原の2枚看板を擁して挑む直接対決。今季最大のヤマ場を迎え、指揮官のボルテージも自然と高まっている。

 栗山監督は、天王山のキーマンに中田を指名した。「翔にも言ったことがある。4番って...    
<記事全文を読む>