プロ野球で現役最年長42歳のDeNAの三浦大輔が20日、横浜市内で記者会見を行い、今季限りでの引退を発表した。ここまで2敗と勝利がなく「けじめをつけないといけない。勝てなくなったから辞める」と説明。引退試合はレギュラーシーズン本拠地最終戦となる24日の巨人戦の予定で、日本新記録の24年連続勝利を懸けて臨む。

 三浦は1992年に奈良・高田商高からドラフト6位で大洋(現DeNA)に入団。チーム一筋でトレードマークのリーゼントから「ハマの番長」と親しまれた。一番の思い出に98年の日本一を挙げ「優勝ってこんなにうれしいのかと思った」と懐かしんだ。球団史上初のクライマックスシリーズ進出を決めた1...    
<記事全文を読む>