通算犠打533の世界記録を持つ川相昌弘監督=岡山市出身=が率いるプロ野球・巨人3軍と、社会人野球の強豪・JFE西日本(倉敷、福山市)によるプロ・アマ交流戦が19日、かさおか古代の丘スポーツ公園どんぐり球場(笠岡市走出)であり、手に汗握る接戦に岡山県内外の野球ファン約2千人が沸いた。

 巨人は三回、川相監督の次男拓也選手の2点二塁打で先制した後、今度はJFEが五回に松浦大則選手(金光学園高出)の2ランですかさず追い付く展開。決勝点は八回。巨人の田中貴也選手が豪快な適時二塁打を放ち、3―2で競り勝った。

 巨人3軍は、若手の育成のため今季新設され、独立リーグ、社会人チームなどと対戦を重ねており...    
<記事全文を読む>