3位ロッテの背中を追っていた東北楽天は、3連敗で5位西武に勝率の差で抜かれた。

 後半戦9度の登板で1勝と苦しむエース則本が中7日で先発。だが、守備をリズムに乗せるテンポの良さは今回も見られなかった。

 象徴的だったのが先制を許した三回。2死走者なしで迎えた金子侑を2球で追い込むもファウルで粘られ、8球目を内野安打にされた。「俊足の走者を出し、しんどい展開になりそうな気配が漂った」という与田投手コーチの悪い予感が的中。一塁けん制を4度もしながら二盗を決められ、さらに暴投で三塁を許した。

 ここで秋山(八戸大出)の鋭いライナーが則本を襲った。則本がはじいた打球を取り損なった遊撃手茂木の失策で先...    
<記事全文を読む>