プロ野球中日ドラゴンズの応援に使われた六十年前の太鼓が津島市下新田町の太鼓製造業「堀田新五郎商店」で見つかった。うちわ状で直径四十五センチ。杉下茂さんら往年の名選手のものとみられるサイン十数人分が記されている。津島の歴史に詳しい津島市立図書館の副館長・園田俊介さん(39)は「応援用の古い太鼓が見つかるのは珍しい。貴重な資料」と話している。

 店の二十六代目堀田新五郎さん(75)によると太鼓は四十~五十年ほど前、中日ファンの男性が修理のため、製造元の堀田新五郎商店に持ち込んだ。

 鉄枠に牛革が張られ、柄は木製。革には十人以上の選手と思われるサインが墨書きで同心円状に書かれていた。ただ中心部に...    
<記事全文を読む>