東北楽天の塩見貴洋は序盤から失点を重ね、5回3失点で敗戦投手に。毎回安打を許す苦しい投球で守備から攻撃のリズムを生み出せず、「相手優位で試合を進められてしまった」と悔しがった。

 一回2死三塁で角中勝也の中前打で1点を先制される。三回と四回はいずれも警戒していた連打で1点ずつ奪われた。速球の球威と変化球の切れはあったが、与田剛投手コーチは「全体的に球が高かった」と振り返る。

 相手は好投手石川歩をぶつけてきただけに、梨田昌孝監督は「一回の失点は我慢しないといけない」と先手を打たれたことを厳しく指摘した。

...    
<記事全文を読む>