「よくやったぞ」「ありがとう」―。地元ファンの割れんばかりの歓声が球場を温かく包んだ。広島東洋カープが7度目のリーグ優勝後、初めてマツダスタジアム(広島市南区)に戻った15日。試合終了後の優勝セレモニーで、優勝ペナントを先頭にナインがグラウンドを1周すると、優勝から遠ざかっていた25年分の思いを込め、ファンも万歳を繰り返した。

...    
<記事全文を読む>