左足関節内反捻挫で戦線離脱中のマーティンが15日、6日の登録抹消後初めて札幌ドームのグラウンドに姿を現した。

 左足首に装具を着用し、ネットスローなどを行った。復帰への一歩を歩み始めた守護神は「確実に良くなっているよ。最短で復帰できるように全力で頑張るよ」と胸を張った。福島チーフトレーナーも「順調ですね」と話し、レギュラーシーズン中の復帰を目指している。1時間おきにアイシングを行うなど、ケアも入念だ。

 来日1年目の今季はここまで52試合に登板し、防御率1・07。セットアッパーとして19ホールド、抑え転向後も21セーブを挙げる大車輪の活躍で、ブルペンを支えていた。「足をひねったのは仕方ない...    
<記事全文を読む>