中日の岩瀬仁紀投手(41)が15日、来季について「現役でやりたい。自分の中で感触はつかめている」と話し、プロ19年目も現役を続ける意欲を示した。

 ナゴヤドームでの練習後に報道陣の質問に答えた。球団と「話し合わないといけない」とした上で「やれるなら一年でも長くというのが本音。球団とあまり隔たりはないと思う」と自信をのぞかせた。佐々木崇夫球団社長は「力を見極めた上で、本人の意思も確認して話し合いたい」との意向を示した。今季は13試合に登板して0勝2敗で防御率7・00。

...    
<記事全文を読む>