試合開始から1時間弱でスコアボードには0-8がともり、ファンのため息が本拠地球場を包んだ。2回持たずにマウンドを降りた東北楽天の先発菊池保則。今季チーム最短でKOされ「ファンにもチームにも申し訳ない」と縮こまった。

 直球に普段のような重みを感じさせず、攻め方も単調に映った。一回は本多雄一から3連打で2点先取され、二回は7長短打のつるべ打ちを食らい6失点した。「左打者に球が浮き、逆方向に多く打たれた」と菊池。与田剛投手コーチは「高さも甘いし、コースも甘い」と険しい表情で指摘した。

 守りも拙かった。先制点はペゲーロの適時失策で献上。二回は岡島豪郎が打球を後逸し、苦しむ右腕をさらに追い込んだ...    
<記事全文を読む>