東北楽天打線は先発武田翔太に7回無得点に封じられた。三回までに12失点と大量リードを許し、梨田昌孝監督は「相手にとって楽な展開になり、伸び伸び投げさせてしまった」と算段が狂った様子だった 力のある直球と縦に割れる変化球を織り交ぜた投球の前に三回まで無安打。四回と七回は三塁に走者を進めたが一打を欠いた。2三振の中川大志は「同じ腕の振りで真っすぐと変化球が来る感じだった。攻略が難しかった」と脱帽した。

 武田には今季4敗目。本拠地に迎えての対戦では、25イニング連続無得点と攻略に苦しんでいる。

...    
<記事全文を読む>