東北楽天は14日、東京都内で球団取締役会を行い、梨田昌孝監督に来季もチームの指揮を託すことを確認した。

 梨田監督は就任1年目の今季、茂木内野手、安楽投手、オコエ外野手ら若手を登用しながらも、57勝67敗3分けの4位につけている。球団は2季連続最下位で引き受けたチームを浮上させた手腕を評価。3年契約の従来方針通りに2年目となる来季もチームの強化を任せることにした。

 立花陽三社長は「来季はよりいい成績を残してくれると思う」と語った。

...    
<記事全文を読む>