2014年まで広島に在籍した東北楽天のミコライオ投手が特別な思いで古巣のリーグ優勝を迎えた。「3年過ごしたチームと街が、素晴らしいシーズンを送っていてうれしい」。喜びに包まれたかつての所属チームに思いをはせると同時に、現チームでの逆転クライマックスシリーズ(CS)進出を誓う。

 ミコライオは12年、広島に入団して守護神として3季プレー、15年に東北楽天入りした。広島から800キロ以上離れた仙台に住む今も「思い出は数え切れないほど」と思い入れは強い。広島の街で暮らし、市民球団への地元の思いを肌で感じてきた。

 「過去の歴史からも、市民にとってカープがどれだけ大切で誇りなのか分かる。ファンは情...    
<記事全文を読む>