リードオフマンの勢いは、とどまることを知らない。西川が一回の第1打席で左中間に二塁打を放つと、その後も1安打1四球。第4打席には相手の失策もあり、4度の出塁を果たした。

 ここまで出塁率は4割超え。1番打者として、これ以上ない仕事をこなしている。「塁に出ることがチームにとって一番のプラス。そこは重視してやっている」 この日の第2打席まで6打数連続安打と猛打を振るっていたが、打つだけではなく、粘ることもできるのが今の西川だ。二塁打を放った第1打席は8球、四球を選んだ第3打席は7球投げさせ、相手先発の安楽を消耗させた。「追い込まれたら、ボール球を極力振らないように、ストライクは全部振るつもり...    
<記事全文を読む>