東北楽天の先発安楽は5回5失点と踏ん張れなかった。最も悔やむのは、味方が1点差に詰め寄った直後の四回の2失点。追い上げムードに水を差し、「ふがいない投球をしてしまった」と肩を落とした。

 四回は2死を取った後、連続四球で一、二塁のピンチを招いた。打席には三回に先制の右中間への二塁打を浴びた近藤。同じ相手に今度は左越えの2点二塁打を許し、リードを広げられた。

 四球を与えて自滅する形での失点に、「簡単に得点を許してしまった。反省しないといけない」と厳しい表情で語った。

...    
<記事全文を読む>