追い上げムードが一瞬で吹き飛んだ。4-5の六回2死一塁、東北楽天の2番手金刃が大谷(岩手・花巻東高出)に2ランを浴びた。「悔しい」。左腕はがっくりと膝に手を付き、しばらく頭を起こせなかった。

 自信のある球だった。初球は外角直球で見逃しのストライクを取り、2球目は内角へ食い込むシュート。際どいコースにしっかり投げ切ったのに、バックスクリーンに運ばれた。「あのボールは僕の生命線。あそこまで飛ばされるのは想像していなかった」。内外角の揺さぶりで左打者を抑える投球術が持ち味だけに、ショックは大きかった。

 打線は先発高梨を四回途中で降板に追い込んだまでは良かったが、その後は小刻みな継投にかわされ...    
<記事全文を読む>