セ・リーグで優勝へのマジックナンバーを「1」としていた広島東洋カープが10日、東京ドームで2位巨人を6―4で下し、25年ぶり7度目のリーグ優勝を決めた。就任2年目の緒方孝市監督が歓喜の中、ナインに胴上げされ、宙を舞った。

...    
<記事全文を読む>