前日に首位に立って迎えた大事な試合を勝利に導いたのは大谷だった。今季2度目の1試合2本塁打。故郷・東北で放った特大の2発に、コボスタ宮城の満員の観客が度肝を抜かれた。

 まずは三回、近藤の適時打で先制し、なおも無死二塁。甘く入った変化球を強振すると、打球が上がった瞬間、外野手の足が止まった。右中間スタンド最後方に運ぶ2ラン。会心の一打をかみしめるようにゆっくりとダイヤモンドを回った。

 さらに圧巻だったのは2発目だ。1点リードの六回2死一塁、楽天金刃が投じたのは内角をえぐるシュート。文句なしのコースに決まったかに見えたが、大谷の方が上手だった。「内角はないかなと思っていたけれど、反応で打て...    
<記事全文を読む>