現役引退の記者会見で、涙を見せるサブロー 不意に涙がこぼれた。2016年9月1日。サブロー外野手はQVCマリンフィールドで引退会見を行った。マリーンズファンへのメッセージをと問われた時、我慢をしていた感情があふれ出た。うつむくと無言となり数秒、肩を揺らした。「男は泣くものではない」。そう言い続けて、どんな時も上を向いて歩いてきた。しかし、この日は特別だった。多くの人に支えられての現役生活を思い返した。引退を報告しないといけない人はたくさんいる。その一人は「野球界のパパ」と慕った故山本功児氏。1999年から2003年までマリーンズの監督を務め、今年4月に64歳で亡くなった。家族やファン、...    
<記事全文を読む>