天皇杯全日本サッカー選手権の県代表を決める「鳥取県サッカー選手権決勝大会」決勝が21日、とりぎんバードスタジアムで行われ、J3のガイナーレ鳥取が元気SC(県1種)を7-0で下し、3年連続の優勝を飾った。決勝・ガイナーレ鳥取―元気SC ガイナーレ鳥取は後半12分、林(左)が相手DFに阻まれながらもシュート。3点目を決める=とりぎんバードスタジアム ガイナーレ鳥取は17年連続19度目の天皇杯出場。27日午後6時から同スタジアムで行われる1回戦で、ファジアーノ岡山ネクスト(JFL)と対戦する。▽決勝 ガイナー 71―00 元気SC レ鳥取   6―0 (県1種) (J3) 【評】ガイナーレが...    
<記事全文を読む>