栃木トヨタカップ第21回県サッカー選手権大会(県サッカー協会主催、下野新聞社、共同通信社共催、栃木トヨタ自動車特別協賛)最終日は21日、県グリーンスタジアムで決勝を行い、栃木ウーヴァFC(JFL)が2-1でヴェルフェたかはら那須(関東リーグ1部)を下し、4年連続8度目の栄冠に輝いた。

 7年連続で同じ顔合わせとなった一戦。ウーヴァは前半5分にFW若林学(わかばやしまなぶ)が先制ゴールを挙げ、早々と試合の主導権を握った。後半9分にPKを与え同点に追いつかれたが、同15分にMF内山俊彦(うちやまとしひこ)のゴールで勝ち越した。その後もウーヴァは攻勢な流れを保ち、ヴェルフェの反撃を断ち切った。...    
<記事全文を読む>