第96回天皇杯予選を兼ねたスルガ杯県サッカー選手権(県サッカー協会主催、静岡新聞社・静岡放送共催)は21日、草薙球技場で決勝を行い、JFLのホンダFCが延長の末、3―2でJ3藤枝を下し、6年ぶり36回目の天皇杯出場を決めた。

 ホンダは2―2の延長前半4分、途中出場の宮内が勝ち越し点を奪った。

 ホンダは27日の1回戦(午後1時、岐阜メモリアルセンター長良川球技メドウ)でJ2岐阜と対戦する。

 ▽決勝 ホンダFC 3(1―2 1―0 延長 1―0 0―0)2 藤枝 ▽得点者【ホ】香川(富田)大町(PK)宮内(久野)【藤】浅田(大迫)枝本(なし) ■宮内が殊勲弾 4年連続で同カードとなった決勝...    
<記事全文を読む>