選手、スタンドの誰もがPK戦を頭に浮かべた延長後半ロスタイム。ホンダFCのFW宮内が懸命に左足を伸ばしてクロスボールを押し込み、激戦に終止符を打った。静岡県大会決勝に続き、2戦連続の延長ゴールに「今日もいいボールが来た。守備陣が頑張っていた中で、いい仕事ができた」とヒーローの興奮は収まらなかった。

 残り時間が少なくなり、「守りを考えて中盤に残ろう」と考えた宮内。しかし、DF富田から「攻めよう」と声を掛けられ、ゴール前に駆け上がって決勝弾が生まれた。富田は「守備陣は限界だったので、走れるのは宮内しかいなかった」とワンチャンスに懸けた秘策が勝利を呼び込んだ。

 同点で迎えた後半は終始守勢に回...    
<記事全文を読む>