サッカーの第96回天皇杯全日本選手権(日本サッカー協会、Jリーグ主催、共同通信社、NHK共催)は27日に開幕して各地で1回戦26試合が行われた。島根県代表で2年連続3度目の出場の松江シティFCは松江市営陸上競技場で、J2のファジアーノ岡山に1-4で敗れ、2年連続の2回戦進出はならなかった。前半1-2と食らい付いたが、力負けした。

 J3ガイナーレ鳥取はJFLのファジアーノ岡山ネクスト(岡山)に5-0で快勝し、鳥取県代表として3年連続で初戦突破を果たした。

 J2のFC町田ゼルビアが神奈川大(神奈川)に0―1で、FC岐阜がホンダFC(静岡)に1―2で敗れる波乱があった。大会はJリーグや大学、...    
<記事全文を読む>