サッカーの第96回天皇杯全日本選手権(日本サッカー協会、Jリーグ主催、静岡新聞社など共催)は27日、アイスタ日本平などで1回戦26試合を行った。

 静岡県代表のホンダFCは、J2岐阜を延長戦の末、2―1で破った。延長後半に途中出場の宮内が決勝ゴールを奪った。

 ホンダFC 2(1―1 0―0 延長 0―0 1―0)1 FC岐阜(J2) ▽得点者【ホ】大町、宮内【岐】風間

...    
<記事全文を読む>