サッカーの天皇杯全日本選手権(日本サッカー協会、Jリーグ主催、共同通信社、NHK共催)は27日、各地で1回戦を行い、県勢のJ3カターレ富山は県総合運動公園陸上競技場で新潟県代表の新潟医療福祉大に1-0で勝利した。次戦は9月3日に茨城県のカシマサッカースタジアムでJ1第1ステージ優勝の鹿島アントラーズと2回戦を戦う。

 富山は前半、前線の裏を狙うパスやサイド攻撃を仕掛けてチャンスを迎えた。20分には右CKからMF三上が絶好のタイミングで頭で合わせるも、クロスバーに阻まれた。

 後半の立ち上がりもゴール前で好機が続き、5分にMF衛藤のミドルシュートで先制した。一方、パスのミスでボールを奪われる...    
<記事全文を読む>