サッカーの第96回天皇杯全日本選手権(日本サッカー協会、Jリーグ主催、四国新聞社など共催)は27日に開幕し、大学やアマチュア、Jリーグの88チームがトーナメント方式で熱戦を繰り広げる。来年1月1日の決勝は市立吹田スタジアムが会場で、関西での開催は52大会ぶり、大阪では56大会ぶりとなる。香川県勢は、J2カマタマーレ讃岐と、香川県選手権を制したアルヴェリオ高松がエントリー。

 27、28日に実施の1回戦には各都道府県代表と昨年の全日本大学選手権を制した関学大に加え、J1の磐田、福岡、J2の22クラブが出場する。カマタマーレは28日午後4時から丸亀市金倉町のPikaraスタジアムで愛媛県代表...    
<記事全文を読む>