天皇杯全日本サッカー選手権の予選を兼ねた県サッカー選手権は二十一日、金沢市民サッカー場で決勝があり、北陸大が1-0でFC北陸に勝ち、連覇を達成した。北陸大は後半にMF武井謙介主将(四年)がヘディングシュートを決め先制し、そのまま逃げ切った。同大は石川代表として天皇杯に出場する。一回戦は今月二十七日に長野市の南長野運動公園総合球技場であり、長野代表のJ3長野と対戦する。

 ▽決勝北陸大 1 (0-0、1-0) 0 FC北陸      今年も善戦期待 ○…北陸大、FC北陸とも金沢桜丘高校OBで元日本代表DFの越田剛史さん(55)が総監督を務める同門チーム同士。「FCもチャンスはあっただけにも...    
<記事全文を読む>