サッカーの天皇杯代表の座を懸けた福井県選手権決勝は21日、テクノポート福井スタジアム(坂井市)で行われた。サウルコス福井が同じ北信越リーグ1部の坂井フェニックスを2―0で退け、5年連続8度目の優勝を飾った。

 サウルコス福井は前半、松尾篤のシュートで先制。さらにコーナーキックから松尾が頭で合わせ2点目を奪った。

 サウルコスは天皇杯全日本選手権に県代表として出場し、28日の1回戦でJ2ツエーゲン金沢と西部緑地公園陸上競技場(金沢市)で対戦する。

...    
<記事全文を読む>