天皇杯出場権を競う栃木トヨタカップ第21回県サッカー選手権大会(県サッカー協会主催、下野新聞社、共同通信社共催、栃木トヨタ自動車特別協賛)第3日は11日、県グリーンスタジアムで準決勝1試合を行い、ヴェルフェたかはら那須(関東リーグ)が1-0で栃木SC(J3)を下し、決勝に進出した。

 ヴェルフェは序盤から攻勢に出ると、前半45分、FW神村秀斗(かみむらしゅうと)が放ったシュートを相手GKが弾き、そこにFW小野優二(おのゆうじ)が詰めて先制点を奪った。その後は相手に押し込まれる場面が目立ったが、体を張った守備で守り切った。

 栃木SCは主力を温存し、若手主体のオーダーで臨んだ。しかし、うまく...    
<記事全文を読む>